2016年11月07日

2016年11月号 『福音の喜び』を読む 

『福音の喜び』を読む 
橋 聡

 『福音の喜び』は第二章、「危機に直面する共同体」に入ります。ここで教皇様は、私たちの陥っている、さまざまの問題を取り上げ、それに気づいて、新しい歩みを模索するように励ましておられるように思います。ときどき、読者にとっては、心をえぐられるような、身につまされるようなたとえも出てくるかもしれませんが、私たちの回心と成長にとっては、自分の気が付かない部分などを指摘されて、衝撃を受けることも必要だと思われます。自分の盲点が照らされることによって、はじめて行動を変えるように促されることもあるからです。
 その分析は、「聖霊の光と力によって養われている」(聖ヨハネ・パウロ二世)宣教する弟子の見方において進めようとします。「神の国がもたらす収穫と、神の計画に対する脅威とを的確に区別しなければなりません。それは、よい霊と悪い霊それぞれの働きかけを見分け解釈するだけでなく、よい霊を選び悪い霊の働きかけを拒否する―これが決定的なことなのです。」そして、教皇様は、現代の病理をえぐり出すことに取り掛かります。
 「今日においては『排他性と格差のある経済を拒否せよ』とも言わなければなりません。この経済は人を殺します。路上生活に追い込まれた老人が凍死してもニュースにはならず、株式市場で二ポイントの下落があれば大きく報道されることなど、あってはならないのです。これが排他性なのです。飢えている人々がいるにもかかわらず食料が捨てられている状況を、私たちは許すことはできません。これが格差なのです」。
 「この状況にあってもまだ、経済における『トリクルダウン理論』を支持する人がいます。」トリクルダウン理論は、大企業がもうかれば、その恩恵が庶民にもまわってくるというアベノミクスの下敷きにもなっている理論なわけですが、果たしてそれがうまくいくのか、それとも教皇様が危惧しておられるような、排他性と格差のある経済をますます進めていくことになるのか、壮大な実験が日本でも行われているわけです。現在日本に住む私たちは、この流れの中で人々の貧困や苦しみにますます無関心になってしまわないように気をつけて行かなければならないのではないでしょうか。
posted by カトリック明石教会 at 10:38| Comment(0) | 巻頭言