2017年01月05日

2017年1月号 「 2017年1月に想うこと 」

「2017年1月に想うこと。」                                 
担当司祭 申 繁時


2017年の新年を迎えました。おめでとうございます。
みなさまにあたらしい年のはじめの挨拶をさせていただきます。
(正式には昨年の待降節から典礼歴は2017年度のA年が始まりました。昨年12月には降誕祭・クリスマスがあり、みなさまのこころにまたあらたに神さまの救いが届きました。)
それで、みなさまと少し分かち合いたいと思います。
2016年をすこし振り返りますと、まず私個人としてはこの神戸西ブロックに派遣されたことです。新しい派遣先で最初は困惑もありましたが、少しずつ新しい気づきとともに日々の生活を神さまとともに過ごすことができたように思います。
また現実の社会についても昨年一年を想うと、日本、世界に天災・人災などの出来事が多々あり、そのたびに祈りを重ねたときでもありました。(全世界が変わりつつあるようにさえ錯覚しそうです)・・・ 
あらためて私たち教会共同体には大きな目的があります。その目的は「神の国の建設」のために生きることです。それは希望と勇気をもってたえず前進していくことです。一人ひとりが「キリスト者としての召し出しに答えていく」ことです。そのことにより次の時代に、神さまへのよろこびの引き継ぎがおこなわれます。とはいっても確かに私たちはそのつど目の前の現実を乗り越えていくことに完結し満足している部分は大いにあります。、けれど、それが生きていくこと、生きている証しとなります。ただ、次の時代に次の世代に、人のこころ神さまのこころを伝えることを忘れてしまっては、神さまからいただいた召し出しの恵みをおこなうことがおろそかになりかねません。なぜならば、なによりも神さまが私たちを先に愛してくださり、キリスト者としての生き方に選ばれたからです。そして、そのことが最大の幸福・しあわせであることを知り、教え導いてくださるからです。
みなさまにとって2017年の今年はどんな年になるでしょう。どんな年にしたいでしょうか。特別なことでなくていいので、ささやかなことにこころを向けるいかれることです。小さな祈り、他者へのあいさつひとつでもいいので、神さまを喜ばせていただきたいです。
最後に、とても良いと思う詩を見つけました。よかったらお読みください。
「道」(作者不明)
「長い人生にはなぁ  どんなに避けようとしても  どうしても通らなければ
ならない道というものが  あるんだなぁ
そんなときは その道を  黙って歩くことだな  愚痴も弱音も吐かないでな
黙って歩くんだよ  ただ黙って 
涙なんか見せちゃダメだぜ  そしてなぁ  そのときなんだよ  人間としての  
いのちの根がふかくなるのは  人間追いつめられて  はじめて本音を吐く  
そのとき  どんな本音を吐くか  それが大事 」
私自身もあらためて本音で語り成長できる一年にしたいと思います。
本年もよろしくおねがいいたします。
posted by カトリック明石教会 at 10:44| Comment(0) | 巻頭言