2017年04月02日

自己紹介 7     池長 潤 名誉大司教

自己紹介 7     
池長 潤 名誉大司教


 私が司祭への召命を受けたのは、高校1年から2年にあがる春休みであった。
 まったく、瞬時的な出来事であり、それまで自分で作っていた人生計画を完全に砕いてしまったのである。自分からは一番嫌っていた独身生活で生涯を終える神父の道など、もってのほかだったものが、神様が、一瞬に粉砕されてしまった。
 この召命を受けた瞬間、想像力が司祭として生きている、ある場面を生き生きと映し出した。それは、日曜日にミサに与って帰ってゆく信者に挨拶している自分の姿であった。それからというもの、神父になる限りは、司牧者の仕事をしたいという願望が心に宿り、一生、司牧の活動をやってゆきたいという思いが定着した。修練院の時も、哲学を勉強しているときも、神学を学ぶ時も、この司牧者として生活してゆきたい思いはずっと続いた。
 ところが、私の意に反して、司祭叙階を受けてから現在に至るまで、ほとんど、管理職に廻された。修練長、副院長、院長、管区長、そして最後に大司教にされてしまった。大司教の職務を降りてから淡路島の洲本教会に派遣されるまではほとんど管理職であった。それまでは、広島の祇園教会で宣教司牧に専念する事ができた。自動二輪と普通車の二つの免許をとって、教会の宣教司牧に専念することが出来た。この神父になったばかりの3年間は、本当に幸福だった。カテキズムのクラスを15も持って毎晩、食後に2件の家族を廻って、教理を教えることができた。その他も司牧的な仕事に追われて過ごした。この初めの3年から後はすべて管理職を続けてきた。
 2014年に大阪教区の大司教を終えて、現在の洲本教会に任命されて、宣教司牧がようやく出来るようになって、今は本当に幸せである。もう歳が79才であり、もうすぐ80才になるが、幸いまだ元気なので、最後まで今の仕事を続けてゆきたい。
 洲本教会はすばらしい教会で、難しい人が一人もいないので、和気あいあいとして楽しい場所だ。フィリピン人が40人ほどおり、日本人よりも多く、日曜日のミサは全部で70人ぐらいが集まる。アフリカのカメルーンから一人、その他ベトナム人やブラジル人がいる。だんだんと日曜日にミサに与る人の数が、増えてくるのもうれしいことだ。このクリスマスにも幼児洗礼が一人、大人の洗礼が一人あったことも、大きな喜びであった。
 これからも皆でつくりあげてゆく、すばらしい教会になって欲しいものだ。
posted by カトリック明石教会 at 14:53| Comment(0) | 巻頭言