2017年05月06日

『福音の喜び』を読む 10 橋 聡

 つぎに、社会風潮などの文化的な危機について考察が続けられていきます。まず迫害、弾圧です。「場合によっては、その課題は、信教の自由に対する公然たる攻撃や、キリスト者に対する新しいかたちでの迫害として現れます。それらが、憎悪や暴力という警戒すべき段階にまで達している国もあります。」あるいは無関心が広がっているという危機です。「各人が自分の主観的な真理だけを主張したがるような文化では、市民が個人の利益と願望を乗り越えて、共通の目標に参加することが難しくなるのです」。
 社会的なレベルでは、私たちはみんなの善、善益ということをいつも念頭に置いておかなければならないと教会の社会教説では言われています。そしてそれは主観的な真理の主張、うそを並べ立ててあたかもそれが真実であるかのように作り上げていく情報操作などの上には築き上げることができないことは明らかです。ある程度の客観的真実がマスメディアなどで取り上げられることによってはじめて、みんなが共通の認識で話し合うことが可能となるのだと思われます。正義の土台として、真理、真実が追及されなければならないはずなのです。わたしたちの国でも報道の自由度のランキングがかなり下がってきているそうです。これが国民の多くに一抹の不安を感じさせるものになっています。迫害、弾圧への前奏曲にならないようにと願わずにはいられません。
 こけらのマスメディアの影響について、アフリカの司教団やアジアの司教団の文書を引用しながら、こうも指摘されています。「多くの国が、経済的には発展しつつも倫理面は弱くなっている他の文化の風潮によって侵略され、自国文化の根源が加速度的に傷つけられています。…このことは、しばしば社会的コミュニケーションの分野にも当てはまり、この分野を管理し、コントロールする『センター』の大半が北半球に置かれているために、発展途上国の抱える問題や優先すべき問題に相応の、きめ細かい配慮を欠くという事態が生まれ、また彼らの文化的特質を十分に尊重するという態度が時に忘れられることとなっています。…マスメディアとエンターテインメントの負の側面が現れ、伝統的な価値観が脅かされているのです」。
posted by カトリック明石教会 at 10:45| Comment(0) | 巻頭言