2017年11月06日

2017年11月号 『愛のよろこび』を読む 1

;">『愛のよろこび』を読む 1
橋 聡


 前回まで「『福音の喜び』を読む」を連載していましたが、今回それを中断して、教皇様の新しく邦訳された使徒的勧告『愛のよろこび』を連載しながらご紹介することにします。この手紙は、家庭に関する二つのシノドス(世界代表司教会議)を受けて全教会に向けて書かれたものですが、いままでは、センセーショナルなことしか取り上げないマスコミからの情報が先行して、家庭についてのシノドスの全体像が分かりませんでした。が、教皇様のこの手紙によって現在のカトリック教会の家庭に関する司牧の方向性がはっきりするわけです。家庭は、わたくしたち日本に住む者にとっても緊急性のあるテーマですので、少しずつ本書を読みながら、それがわたくしたちにとっての糧になればと願っています。
 教皇様の御意図は、まず、今の家庭の状況に性急に結論を出したいという誘惑を自制するようにというところに向けられているようです。カトリック教会はキリストから真理を託されているわけですが、しかし現在の私たち一人一人が、すべてを細部まで見通しているわけでもないということではないかと思います。だから結論が出るまでに時間の経過や、経験、判断力の深まりなどが弱い私たちには必要なのでしょう。「このことは、聖霊がわたしたちを完全な真理に導くときまで、すなわち、わたしたちがキリストの神秘に完全に導き入れられ、キリストのまなざしですべてを見られるようになるときまで続くことでしょう」(3)。
 まず、聖書とカトリックの教えが述べられます。
 第一章では、聖書のみことばが味わわれます。最初に結婚と夫婦に関する根源的な創世記のみことばが3つ提示されています。「神はご自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された」(創世記1:27)。「自分に合う助ける者」(同2:18,20)。「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」(同2:24)。
 これらの御言葉に簡単な省察が加えられています。神の似姿に対比されるのは、一組の男と女の姿であり、愛し合い、いのちを生む夫婦は、創造主であり救世主である神を表すものになりうるということが示されます。(つづく)
posted by カトリック明石教会 at 14:40| Comment(0) | 巻頭言