2017年12月04日

2017年12月号 主のご降誕おめでとうございます。(2017年12月に想うこと)

主のご降誕おめでとうございます。(2017年12月に想うこと)

申 繁時 神父


私たちは、今年も主のご降誕を心から待ち望み、そして、心にまたイエス様を誕生させることができました。
2017年前にあった本当の救いの出来事です。
なので、喜びをかみしめて救いの出来事をお祝いいたしたいと思います。
この思いを感じるまでには、待降節から回心を新たにして進めてきたことと思います。

・・・しかし申し訳ないお話を、その前に言っておきたいことが一つあります。・・・
この原稿は12月の初めに配られることなので、厳密な意味では、ご降誕前の記事となります。そして、私が書いた原稿のしめきりは11月19日なので、私はもっと前からこの原稿を用意していました。すると時間の経過には矛盾があります。つまり、クリスマス前、待降節前にすべてを未来予想していたことかのように書いた原稿だということです。
もちろんこの原稿を手にする皆さんも、前もって書かれていることくらいはお分かりかと思いますが、あえて12月の初めにいただいたならば、考えていただきたいことがあるということです。
それは、いまからもう一度、12月24日、25日の日を迎える前に、

「イエス様の誕生について、クリスマスについて、学んでほしいという想いです。」

待降節中に、@聖書を開く、A子供たちの読む絵本を開く、B黙想会にあずかる、Cゆるしの秘跡にあずかるなど、どれでもよいので、ひとつでよいのでやってみてください。
もちろん、今までやっていただいている方々はそのままで結構です。
ほんとうに単純なやさしいことでしょうが、どれでもいいです。
必ず今年のクリスマスはちがうものになると確信いたします。

そして、ご家族、お友達、親類などの親しい方々と共に、クリスマスミサにあずかってほしいと思います。お一人でもかまいません。お一人の方こそ、イエス様をそばに感じながら救い主、赤ちゃんのイエス様を見に来てください。
本当のこととして、全世界の救いがあっことをあらためて体感ください。

主のご降誕をお祝いいたします。
メリークリスマス。
posted by カトリック明石教会 at 13:13| Comment(0) | 巻頭言