2017年06月03日

2017年6月号 「2017年6月に想う事。」

「2017年6月に想う事。」

                      
ブロック担当司祭 申 繁時


神戸西ブロックに派遣されて4月から2年目になります。2年目にして早くも人事があり協力司祭でした後藤神父さまが移動になりました。現在ブロック4小教区を3司祭で主日ミサを中心に司牧活動を行うことになりました。今年はいろんな工夫を考えて行かないといけないのかもしれません。
そこで、いま想うことを味わってみたいと思います。司祭になって丸10年が経ちました。
ほんとうに早いなと感じます。この10年を想うと、それは時間が経つことと共に時代の変化にも共通するものがあるように思います。それは、まわりのいろんなことの変化、便利さを求める世界があり、人もそれに当たり前のようについていくようになるところがあります。決してそのことは悪くはないと感じますが、それがすべてではないようにも感じます。その間(はざま)にはなにがあるのか。

ほんとうに大切なこと(もの)は、時間や時代を超えても変わらないものではないかと感じます。教会生活はその点において、その答えをつかんでいるように思います。
時間が経ち、時代が変わっても、必ず神さまが答えてくれることです。またそのことを信じて良いことです。どんなに困難で苦しいことがあっても、信じることによって神さまが答えてくれることです。
最初に言いました人事の変化も、簡単には解決できないことではないでしょうか。教会自身も、司祭の不足、司祭信徒の高齢化、若者不在、教会建物の老朽化、などなど、いろんな問題を抱えています。そこに希望をもっていないことではありませんが、不安材料には感じます。神さまにこころから祈り、その不安材料をひとつひとつ解決していくことが中心になりますが、反面解決策は簡単には見つからないことも理解します。具体的にどうすればよいのか?

目の前の現実をひとつひとつかみしめていくこと。受け入れること。できることを考えてみること。そして実際にやってみること。失敗したら顧みる(次につながる反省のこと)こと。皆さんがこれまで歩んで来られた人生と同じで、確実かつ確かな方法なのです。
この体験と経験こそが、神さまからいただいた知恵ではないでしょうか。
いまこそその知恵をだしあって協力することがまずは最善かもしれません。
では、あらためてその最初にすることはなにか!?

それは、積極的になることです。苦しくて困難であっても、神さまを信じて、積極的になってみることです。しかし、無理をすることではなく、自然に積極的になることです。
このことが、教会が言っている「こころをひらく」ということなのですから。確かに簡単に自然に積極的になることは矛盾していることと感じるでしょう。しかし、「こころをひらく」とき、あとは神さまが働いてくださいます。
聖書には、こんな出来事がありました。
集まった5000人を数人の弟子たちに食べさせなさい、とイエスさまが言います。弟子たちは当然不可能と考えていました。「2匹の魚と5つのパン」のお話しです。しかし、イエスさまは祈り弟子たちに協力することを促すと、5000人は満腹し、まだたくさん食べ物が余るほどの出来事を体験したのです。
それは疑わず信じて協力した、自然に積極的にこころをひらいた弟子たちの体験です。・・・

神戸西ブロック2年目ですが、お互いに協力しながら歩んでいきましょう。
posted by カトリック明石教会 at 12:01| Comment(0) | 巻頭言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。