2017年07月01日

7月巻頭言

池長 潤大司教

 大阪教区には、60近い教会があるが、その中で、明石・垂水・北須磨と洲本の教会がブロックをつくり、共同宣教を行っている。最近まで、この4つの教会には、それぞれ1人の司祭が住んでいたが、1ヶ月程前に後藤神父様がブロックから移動してしまったので、今は3人で4つの教会を司牧している。このため、日曜日のミサは、どうしても、1人の司祭が2つの教会でミサをしなければならなくなった。そこで、今年の4月23日からは垂水教会が午前8時45分、北須磨教会が午前10時30分に主日ミサ時間が変更され、この2つを1人の神父がミサを受け持つことになった。
 洲本教会以外の3教会は、いずれも信徒数が同じ位で、大阪教区の中で、中堅の規模を備えている。主日には、だいたいどの教会も200人程がミサに与る。洲本教会はどうかというと、主日のミサに参加する人数は70人から80人位で、信者の席の70%位を占めている。ところが、この洲本教会の特徴は、日本人と外国人がほぼ同じ位の割合を占めることである。日本人は35人程で、ほぼ同数の外国人がミサに来る。外国人の中で一番多いのはフィリピン人である。淡路に住んでいるフィリピン人は、40人以上いるが、仕事が忙しいのでなかなか日曜日にゆとりがもてない。仕事は看護師さんが一番多く、全部で12人いる。他はバーで働いたり、日本人男性と結婚して畑仕事をしている。
 フィリピン人以外はブラジル・ナイジェリア・ベトナム・韓国などの人達である。フィリピン人以外は、英語が通じないし、日本語もほとんどできないので、コミュニケーションがむつかしい。でも片言で話し合って、誰とでも交わり、皆仲良くしている。教会はとてもいい雰囲気であるのはうれしいことだ。
 私は80才になって、この教会に来られて本当によかったと思う。むつかしい人が1人もおらず、皆いい人たちだ。司祭としての人生の最後まで、ここで働きたいと本心から思っている。ブロックの他の教会も好きだが、今住んでいる淡路島の洲本教会で暮らすのは最高だと思っている。
posted by カトリック明石教会 at 14:47| Comment(0) | 巻頭言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。