2018年05月07日

2018年5月 2018年5月に想うこと

2018年5月に想うこと

                         
担当司祭 申 繁時

2018年4月1日のご復活から、私たちは「復活節」の歩みを進めています。
「聖霊降臨の祭日」(今年は5月20日)までの歩みです。50日間あります。
そして、この復活節は新しく洗礼を受けられた方々にとっても大切な時です。その役割は、代父母さんにも重要な役割があります。それは、今年であれば洗礼を受けられた方々を毎週エスコートしてあげること。隣に座ること。また、各小教区共同体は聖堂に場所を設けてあげて、フォローしてあげることを必要とするのです。
はっきり言って司牧者の私自身も完全にそのことは抜けていたと反省します。なぜならば、洗礼を受けるまでは、事細かく用意と準備をさせてもらいますが、洗礼式が終わると次の週からは自由に。という状態を続けてきたように感じるからです。と同時に、洗礼式が卒業式のように、教会に来なくなる状態が見え隠れしていることも、今の教会の現状かと感じてしまいます。
なので、洗礼式後も少なくとも聖霊降臨までは、共同体が受洗者方を見守ることが大切なことであり、教会離れを防ぐためにも温かい見守りが必要ではないでしょうか。もちろん、聖霊降臨までではありません。生涯の生まれ故郷としての教会共同体ですので、つながりを持ち続けることが重要です。

実は、私自身も洗礼式が卒業式だった信者でした。洗礼を受けたあと半年以上主日ミサに行きませんでした。(告白いたします・・・)
洗礼の意味をまだ深く味わっていなかったときで、神さまの水の清めをいただいたので、もう大丈夫と勘違いして主日ミサに行かなかったのです。半年後気になってこっそり、主日ミサに隠れるようにあずかりましたら、洗礼を授けてくださった当時の主任神父さんに見つかり、こっぴどく叱られました。
「あなたは何を考えているのか!」「あなたのような信者ばかりだ!!」と。
信者の代表のように叱られました。(懐かしい思い出です?)
それからは、主日ミサにあずかれるように準備をしました。しかし、私が教会に行くことが好きになったのは、神さまへの信仰はもちろんですが、教会共同体の皆さんの心遣いでした。小さな教会でしたが、日曜日は楽しくさせていただき、親戚のおじさんとおばさんに毎週会える雰囲気があったからです。
そして、将来その劣等生信者?がとうとう神父までなったのですから。・・・
どうか、教会共同体のみなさん、代父母のみなさん、もう一度この復活節の間、神さまの大きな恵みをいただいて教会から離れている兄弟姉妹のために祈ってください。もし可能であれば連絡してあげてください。「元気?」の一言でいいので。必ずもう一度、教会に一緒に集う時がくるはずです。
posted by カトリック明石教会 at 12:25| Comment(0) | 巻頭言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。