2018年07月02日

20181年7月 忙しさについて(1)

忙しさについて(1)

高橋 聡

 今月も、教皇様の使徒的勧告を読むというテーマから離れて、書いていきたいと思います。というより、あまりに色々なことがあって、じっくり準備する時間がなかったというのが本当の所です。それで、この忙しさはいったい何なのだろうかということが動機となったので、忙しさについて考えてみることにします。
 以前、2007年ごろだったと思いますが、私は大阪南地区のあるブロックを共同司牧していました。そのころとても忙しく、その忙しさの原因もはっきりしておりました。会議が多かったのです。その年代の前後数年間に私が出席していた会議(とそのようなもの)を思い出して列挙してみますと、司祭評議会、教区典礼委員会、教区信徒養成委員会、神学生養成担当者会議、教区月修委員打ち合わせ、教区司祭研修会準備委員会、大阪南地区司祭修道者の集い、南地区信徒奉仕職養成コース実行委員会、南地区大会実行委員会、小教区評議会、ブロックチームミーティング、小教区各委員会、広島巡礼準備会などがあります。そのころまじめだったので、すべての会合にほとんど休まず出席していました。こういうことを書くだけで当時のことを思い出して頭がクラクラしてなんだか血圧が上がりそうな気がしてきますが、やっぱり会議が多すぎた、忙しすぎたと思います。
 故アンデレ有馬志朗神父様が「心を亡ぼすと書いて忙しいと読む」と常々言っておられたのを思い出しました。
 使徒職において忙しいということは使命を果たしているという意味で素晴らしいことだと思いますが、深い内的生活がそれに伴っていなければ単なる空回りで人生が終わってしまうこともあると聖人たちや霊性の師などが教えていて、カトリックの教えの一部になっていると思います。
 神様の御旨を確実に行っていてそれが忙しいのであれば確かにそれは良い実を結ぶに違いありませんし、つらくても希望を持つことができます。しかし微妙なところで仕事中毒や高揚感、虚栄心や支配欲、陶酔感との区別が分からなくなって、いつの間にか道をそれていくこともあるかもしれません。そうなると労力の割には、実りも感じられず、確かな希望があるわけでもなく、疲れたり、教会離れしたり、いさかいが起こったりしそうです。 (つづく)
posted by カトリック明石教会 at 13:30| Comment(0) | 巻頭言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。