2019年01月05日

2019年1月号 新年おめでとうございます

新年おめでとうございます

橋聡



 2019年がスタートしました。今年はパパ様が日本に来られるという話が出てきていますので、今年も昨年に引き続き恵みの年になるであろうとの希望のもとに、一年を過ごしていきたいものです。
 日本のカトリック信者、特に長崎の潜伏カトリック信者たちはパパ様が来られるのを待ち望んでいたと聞いたことがあります。ある同僚の神父様に聞くところによれば、聖ヨハネパウロ2世が、1981年(だったと思いますが)に長崎にいらしたときから状況が変わり、それまで長崎では支配的だった信者に対する差別感情が消えていった、あるいは薄まっていったということです。
 このようなこともあってからか、あるいはほかにもたくさん理由があると思いますが、今回、前田万葉枢機卿様も、フランシスコ教皇様にぜひ日本に来てくださるよう申し上げられ、そのため、教皇来日の話が浮かび上がってきているみたいです。
 今年の10月をパパ様は宣教のための特別月間として定められたので、大阪教区でも行事が進められるかもしれません。
 私たちはもちろんありきたりの年中行事のように行事に参加するのではなく、この機会を、福音宣教を見直す「時」にしたいものですね。
 前回、聖ヨハネパウロ2世も、宣教者としても日本に来られましたが、もちろんフランシスコ教皇様も宣教者としていらっしゃるでしょう。そのいつもインパクトある言葉を受けとめて、目覚めさせていただきたいものだと思います。
 一昨年には福者ユスト高山右近の霊性を学ぶというテーマで祝われ、昨年は再宣教150周年を祝った大阪教区の今年のテーマはおそらく新たな(宣教への)出発か何かではなかったかと思います(まちがっているかもしれませんが)。いずれにせよ、今年も神様は恵みをたくさん準備してくださっております。私たちがそのお恵みを、怠慢や、かたくなな心や、へ理屈などで無駄にしてしまわないようにしていきたいものです。
 元旦は神の母聖マリアの祭日で、世界平和の日ですが、今年もマリアさまのおみちびきを願って、主の平和のうちに歩めますように。
posted by カトリック明石教会 at 11:59| Comment(0) | 巻頭言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。