2018年11月03日

2018年11月 「2018年、11月に想うこと」

「2018年、11月に想うこと」

                            
担当司祭 申 繁時


季節はどっぷりと秋になり日々すごしやすくなりました。
そんな中で、11月は教会にとって「死者の月」となります。
日本のしきたりとしては亡くなった方々は、8月中旬頃のお盆を中心にお祈りをすることは、みなさんも知るところですが、教会は全世界をあげて11月を「死者の月」として、亡くなられた方々のために追悼等を行います。ですから命日以外にも11月においてお祈りをささげていただくことは大切かと思います。わたしも昨年2017年のはじめに父親を亡くし、一年以上がたち想いだされることが多々わき起ってくるようです。父はすこしずつ身体が弱ってのことで、最初は家族でなんとか世話をしていましたが、それもできない状況となり家族会議のもとに施設にあずかってもらいながら見守ってきました。最後は急変し病院に移り二週間後に亡くなりました。いま考えると、この神戸西ブロックに来た当初(2016年春)から、実家からの相談やがんばって大阪まで行き来して家族と接することをしてきました。介護していた母親が先に倒れて一時はどうなることかとあわてたこともありました。そんな中で、わたし自身も昨年から体調がすぐれない日々が続くこととなり、教会のみなさんには迷惑をおかけしたかもしれません。
ほんとうに昨年2017年はわたしのとって大きな節目の時と感じています。
ところで、最近よく耳にしている言葉があります。それは「しゅうかつ」という言葉です。最初は学生さんたちが、やはりこのご時世なので、就職難で「就活」すること、就職活動することが大変なので話しをしているかと思ったら、その「しゅうかつ」ではなく、「終活」することだと知りました。読みが同じで意味がまったく逆だったことです。
「終活」とは、つまり生きているうちから死の準備をすることだと知りました。ほんとうに驚きました。いよいよ死に対して準備をすることを、自分自身から考える世の中の価値がやってきたことです。このことがほんとうに正しいのか自問自答しています。
わたしたちは、いずれは神さまのもとへ帰ります。その時をいつかは知ることはできません。しかし、だからこそ知らなければならないことがあります。それは、死を待つことではなく、死を超えて生きることです。
いま考えると父も終活していたのか、終活させられていたのかと一瞬思いました。
でもこれだけは言えます。父の言葉や態度で死ぬための準備や「死したい」とは一言も聞いたことがないことです。寝たきりでも「生きたい」という態度でした。
わたしたちは死ぬために生きていません。最後まで一分一秒まで生きるために生きています。死を超えて復活するために生きています。
今年2018年11月の「死者の月」は、いろんな想いがありました。
posted by カトリック明石教会 at 11:11| Comment(0) | 巻頭言

2018年10月07日

2018年10月号  「私たちはブロック合同堅信式を迎えます」

私たちはブロック合同堅信式を迎えます

                             
高橋 聡

 今月10月14日に神戸西ブロックは酒井補佐司教様をお迎えして合同堅信式を行います。
 堅信の秘跡は私たちに聖霊降臨のお恵みを与えると教会は教えています。しかし、特に近年みられることですが、このような秘跡を受けても、あまり心も燃え上がらず、堅信式が教会の卒業式になってしまう子供たちも出てきています。
 秘跡は確かに私たちに神の恵みを与えるしるしですが、私たちの方に恵みを受ける意志がまったく無ければ、私たちの意志が尊重されて、恵みが与えられないということが起こります。(現状の原因をこれだと決めつけているわけではありません。しかし、もう一度初歩的な教えに立ち戻って確認をしていきましょう)。
 教会はまず私たちに信仰を求めます。秘跡を受けるとき私たちは主を信じているでしょうか。主イエズス・キリストを私たちの救い主であると信じ、主のご復活を信じ、御聖体がイエズス・キリストそのものだということを信じているでしょうか。信仰によって私たちは恵みをいただきます。「あなたの信仰があなたを救った」と主は言われます。
 私たちは、次に、回心の道を歩んでいるでしょうか。堅信の秘跡や聖体の秘跡を受けるとき私たちは恵みの状態になければなりません。ですから、恵みの状態でなければこれらの秘跡を受ける前に、必ず自分の犯した大罪をすべて告白してゆるしの秘跡で赦していただかなければなりません。そうしなければこれらの秘跡を受けても、神の恵みは与えられませんし、さらに罪を犯すことになってしまいます。ゆるしをいただくなら、神の恵みはきっと私たちの心に喜びと平和を与えて下さるでしょう。「悔い改めて福音を信じなさい」と主は言われました。
 さらに、私たちは祈っているでしょうか。私たちが恵みの中に生きるために秘跡だけでなくお祈りも必要です。お祈りによって、秘跡で与えられた恵みが働き始めることもまれなことではないと思います。主も「求めなさい。そうすれば与えられる」と言って祈りをすすめられました。
 秘跡を受けるときこういったことにも注意してみましょう。そうすれば必ず恵みが与えられるはずです。恵みをいただいて信仰を表していきましょう。
posted by カトリック明石教会 at 14:54| Comment(0) | 巻頭言

2018年09月08日

2018年9月号 「2018年8月に想うこと。」 

「2018年8月に想うこと。」  

                   
神戸西ブロック担当司祭 申 繁時

みなさま、お元気ですか。
今年も暑い夏がやってきました。近年は毎年記録的な暑さとなります。そろそろ体温をはるかに超える40度の世界が待っているのかもしれません。つまり、温暖化現象が現実味を帯びているのかもしれません。私たちの住んでいる地球は、今の所人間が中心になって成り立っています。しかし、忘れてはならないことは、その人間を創られたのは、神様だということです。そして、言うまでもなく地球も宇宙も神様によって創造されたのです。なので、勝手に地球をコントロールしては本来ならないということになります。
また、自然界だけではなく、人間界も同じです。人間を勝手にコントロールすることはできません。自然界のバランスを崩すかのように、人間が人間をコントロールしてバランスを崩すことになるからです。
2018年の前半期も様々なことがありました。しかし、喜ばしい事よりも、天災、災害をはじめとし、悲しい出来事が続いていた気がします。特に人間が人間をコントロールしている現実です。そしてその結末は、弱い者がさらに弱くされていくシステムになっていくことです。救いを求めても救われず、弱い者を踏み台にして少しでも楽になろうとするような感覚かもしれません。そして、そこには罪悪感すらありません。本当に怖く、恐ろしい、また悲しくも寂しい何とも言えない風潮に流されているかのようです。
もちろん、すべての人間がそのようになってはいません。悲しい出来事は全体から見ればひと握りかもしれません。しかし、本当に怖いのは、その悲しい出来事の引き金を引く手前の予備軍となる方々がどれほどいるかということです。なにかをきっかけで引き金を引いてしまうかもしれないことです。
確かに現実は甘くはなく、厳しいことばかりと、不安が募るかもしれません。しかし、だからこそ、神様の存在が大切かつ必要となります。信仰生活は必要なのです。
ある霊的に深い神父さんが言いました。「今こそキリスト者の出番がやってきました」と。
私たちキリスト者が、神様からの恵みと召命を受けて、悲しい出来事を一つでも無くして、多くの救いになるように、福音(良き知らせ)である愛と希望を届けることです。
夏真っ盛りですが、つながるチャンス(夏休み、お盆休みなど)が多い時でもあります。
どうか、心に新しい風を吹き込んで、吹き入れて、この時を大切な時にいたしましょう。

多くの司祭が出るように
池長大司教
 カトリック司祭として生きている人達は皆、哲学の勉強と神学の勉強をしてきている。それぞれ3年以上かかるので、ほとんどの司祭は、6年以上の勉強期間を経て、ようやく司祭として働くことができるのである。ほとんど全ての者が、司祭コース以外の普通の大学の学部、学課を卒業してから、司祭のコースに移るので、司祭になる時には、30才を超えている。
 大学を卒業した人が非常に多い日本の社会で、教会の幅広い層の人達を、霊的な、司祭的な分野で信仰に関する指導をすることは、それほど簡単ではない。司祭にも相応の知識の巾がいる。経験の広さ、深さも要求される。
 このように様々な難しさはあるが、司祭がもっと多く必要なのも事実である。全ての信仰者が、この事実を深く把握して、少しでも多く、司祭志願者が出るように、励み、祈る必要がある。私達のブロックから、実際に多くの司祭が生まれて欲しいものである。
posted by カトリック明石教会 at 10:59| Comment(0) | 巻頭言